fbpx

日本の就労ビザ取得、自分でやるのが難しい原因と解決策とは?

自分で就労ビザ取得の申請しようとしたが、難しくてうまくいかない…。人手不足が表面化し、日本政府も「ダイバーシティ経営」を推進し、女性や高齢層、そして外国人雇用など、さまざまな人材を雇用し活用するように促しています。

しかし外国人の雇用は日本人雇用と異なり、就労ビザの確認と手続きが必要です。自社が採用したい外国人の就労ビザを自分で申請しても、うまくいかないことも少なくありません。就労ビザ取得の申請が難しい理由は何でしょうか?2つのポイントがあることを詳しくご説明します。

就労ビザ申請書類を作成するのが難しい理由とは?

就労ビザ取得の申請書類は、外国人一人ひとり、企業一社ごとに異なります。日本人でも履歴書や職務経歴書が一人としてまったく同じものがないように、外国人の就労ビザ取得の申請書類も本人のバックグラウンドを考慮しながら、全員分を適切に書き分ける必要があるのです。

就労ビザ申請書類は外国人一人ひとりによって異なる

外国人の就労ビザとひと言でいっても、一人ひとりによって申請書類が異なります。

    • 日本での在留資格をもつ外国人なのか、日本に未入国の外国人なのか?
    • どのようなバックグラウンド(学歴や職歴、あれば在留資格の種類)なのか?
    • どのような職種に就こうとしているのか?

ざっとこれを見ただけでも、申請書類は外国人それぞれに異なるということがわかります。

就労ビザ申請書類は企業によっても用意すべき内容が変わる

さらに、ビザ申請する側の企業の規模などにより、企業はカテゴリー1~4と呼ばれる区分に分類され、その区分に応じて用意すべき申請書類が異なります。具体的には、

などを見ながら、自社がどのカテゴリーのどれにあたるのかを把握して、正確に申請書類を用意する必要があります。

企業採用で注目される「技術・人文知識・国際業務」の在留資格

人手不足でさまざまな職種において外国人雇用が増えていくと予想される中、とくに企業に注目されるのは「技術・人文知識・国際業務」とよばれる在留資格です。この在留資格保持者が日本で活動できる内容は、法務省のホームページで以下のように定義されています。

    • 理学、工学その他の自然科学の分野
    • 法律学、経済学、社会学その他の人文科学の分野
      これらに属する技術若しくは知識を要する業務
    • 外国の文化に基盤を有する思考や感受性を必要とする業務に従事する活動
      該当例としては、機械工学等の技術者、通訳、デザイナー、私企業の語学教師など。(ITエンジニア、企業の総合職、通訳などもここに含まれます。)

企業に必要とされるIT・技術分野などの外国人雇用のうち、この「技術・人文知識・国際業務」の在留資格を必要とするケースは多いといえます。

コツをおさえた就労ビザ申請書類を作成するために

ケースバイケースで申請書類を書き変えなくてはうまくいかない就労ビザ申請。成功のためには専門家のアドバイスが欠かせません。しかし、外国人雇用をしたいと考えるすべての企業が、こういった複雑な就労ビザ申請のために、専任者や専門家を持っているわけではありません。とくに人手不足で悩んでいる状況では、なおさら手が回らないのが現状ではないでしょうか。

株式会社One Terraceが提供する外国人雇用のための人事管理システム「Work Visa」では、とくに「技術・人文知識・国際業務」の在留資格を、初めてでも簡単に書類申請できるようサポートしています。外国人雇用を専門とする全国の行政書士と御社をつなぎ、そのノウハウを活かした申請書類作成のガイドラインを提供します。

行政書士への相談もし放題で、「この行政書士さんにお願いしたい」と思った行政書士にシステムを通じて仕事の依頼も可能です。

御社の外国人採用と雇用管理に、ぜひ株式会社One Terraceの「Work Visa」をご利用ください。

\ リリース記念。初期費用無料キャンペーン中! /

平日 10:00-17:00 (土日祝・年末年始除く)

2営業日以内に弊社よりご連絡いたします

運営会社:株式会社One Terrace

© 2019 One Terrace, co. ltd.  icon by icons8